育毛すべく食べ物

薄毛対策で大切なのは、抜け毛を抑えることと、毛を増やして育てることですね。
抜け毛を抑える方法も、毛を育てる方法も探せば情報はたくさんあります。
しかし、育毛剤の場合、どれが自分に合うのか、抜け毛を抑えるシャンプーはどれを選択すべきか・・・本当に難しい問題です。
そこで、一番簡単にできる脱毛・育毛対策として、食べ物を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

育毛を促進する食べ物

 

たんぱく質

お肉やお魚などの動物性たんぱく質と大豆などの植物性たんぱく質のどちらもバランスよく摂取することが大切です。
髪の毛の成分は90%がケラチンというたんぱく質です。
ケラチンは多くのアミノ酸で構成されます。
その中で、システインという髪の毛を構成している成分が不足すると、切れ毛・枝毛が増えてしまいますし、育毛も追い付かなくなってしまいます。
毎日納豆や豆腐や味噌などの大豆製品を摂取しつつ、お肉やお魚も食べることをおすすめします。
特に、大豆にはイソフラボンという女性ホルモンと似た働きをもつ成分が含まれているので、ホルモンバランスを整えて抜け毛を防ぐ効果が期待できます。
また、AGAの原因となるジヒドロテステロンの生成も防いでくれる作用もあるため、頭頂部の薄毛で悩んでいる人にも大豆はおすすめです。

 

 

ミネラル

髪に潤いを与えるミネラルは大事な栄養素の一つです。
牛肉、ほうれん草、レバーなどに多く含まれています。

 

 

亜鉛

亜鉛が不足すると、髪の毛の元気がなくなります。
さらに、白髪も増えるといわれています。
育毛や発毛に大事な新陳代謝を高め、毛母細胞の細胞分裂を促す役割があるので、重要な栄養素です。
牡蠣などに豊富に含まれます。
毎日食べ物から摂取することはまず難しいので、サプリメントなどをうまく取り入れてみましょう。

 

 

ビタミンA

髪の毛の健康に欠かせない栄養素です。
カボチャ、にんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれます。
ビタミンAは熱に弱いので、食べる時は生で食べるか油で炒めるようにしましょう。

 

 

ビタミンB

髪の毛を作るのを補助する役割があります。
マグロ、カツオ、さば、レバー、うなぎなどに多く含まれています。

 

 

ビタミンE

女性ホルモンの分泌を促す作用が期待できます。
また、血行促進効果があり、頭皮の血流も改善され、栄養をしっかり届けます。
過酸化脂質という抜け毛の原因といわれる成分の生成を抑制する働きもあります。
アボカド、うなぎ、ゴマなどに多く含まれています。

 

 

脱毛予防も育毛促進も、一番大切なのはバランスの良い食生活を目指すことです。
特に、たんぱく質、ミネラル、ビタミンはしっかり摂取していきましょう。
また、大豆がよいからとやたら大豆ばかり食べていてはいけません。
良質なたんぱく質をバランス良く摂取しつつ、ミネラルやビタミン、そして脂質などもしっかり考えた食生活を心掛けましょう。