ハーブが育毛に効果大

コーヒーや緑茶が大好きな私は、カフェインを摂りすぎていたのでしょうね。
ここ最近、2杯までは大丈夫ですが、3杯になるともうトイレが近くてたまりません。
あまり気にしていなかったのですが、カフェインは体を冷やす作用もあるそうで、最近は摂取を控えるように努めています。
しかし、もともと好きな飲料なので、無理して止めることもまたストレス。
そこで、13時までに2杯までならOKと、時間などの制限を設けて飲むようにしています。

 

 

 

ハーブの育毛効果

カフェインが気になり出してから、私がよく飲んでいるのはハーブティーです。
スーパーでも多くの種類が取り扱われています。
カルディコーヒーなどの海外食品を扱うお店でも美味しいハーブティーを安く購入することができます。
そんなハーブに、育毛効果が期待できるものがあるというのです。

 

女性ホルモンのバランスを整えるハーブ
  • セージ
  • フェンネル
  • レディスマントル
  • カモミール(男性ホルモンの抑制)

 

女性ホルモンのバランスを整えることは、薄毛対策に効果が期待できます。
ハーブは、女性ホルモンのを活性化させるものもありますので、積極的に摂取したいところですね。
また、カモミールは男性ホルモンの抑制効果も期待できます。

 

 

睡眠の質を上げるための安眠ハーブ
  • カモミール
  • ラベンダー
  • レモンバーベナ
  • リンデンフラワー

 

睡眠の前にホットハーブティーを飲むだけで、質の良い睡眠ができます。
特に、カモミールはおすすめです。
ラベンダーは、ティーだけでなく、寝室に置くことで優しい香りを嗅ぎながら安眠につくことができます。

 

 

ストレス軽減、血行促進ハーブ
  • ローズマリー
  • セージ
  • ユーカリ

 

血行がよくなるため、体が暖まり、免疫力もアップします。
血行促進は、育毛効果を上げるためにも必要なので、こういったハーブもおすすめです。

 

 

 

発毛効果が期待できるハーブ
  • フィーバヒュー
  • ローズマリー

 

フィーバヒューには発毛効果のあるパルテノライドが含まれているため、育毛効果が期待でき、薄毛対策におすすめのハーブです。
また、、ローズマリーには血行促進効果があり、育毛を促すとともに、抗菌作用により頭皮環境を整える働きも期待できます。
男性ホルモンの抑制効果もあるため、発毛効果が期待できます。

 

 

ハーブは、ブレンドすることで飲みやすくなります。
たとえば、柑橘系やベリー系なんかとのブレンドティーはやはり香りもよくて飲みやすいためおすすめです。
また、ティーで摂取する方法の他に、育毛ウォーターを作る方法もあります。
葉と比べて割高になりますが、オイルを購入して、水8強:アルコール1:オイル3滴程の割合で混ぜるだけです。
これを直接頭皮に垂らしてマッサージを行うといった方法です。
しかし、中には体に直接つけてはいけないオイルもありますので、よく勉強する必要がありそうです。
育毛サプリや育毛剤とともに、ハーブも生活に取り入れてみるとよいかもしれませんね。
育毛効果だけでなく、心身のリラックス効果も見込めそうです。